飛散防止フィルム各種性能試験

人体衝突によってガラスが割れた際に、貫通や破片によるけがを最小限に抑える
または減らすよう設計されたグレージング材料の安全性能を測定することを目的
とした試験基準です。ソーラーガードアーマコート飛散防止フィルムは、この
テストにおいて最高レベルのパフォーマンス結果を得ました。ソーラーガード
飛散防止フィルムは、既存のフロートガラスや倍強度ガラスを、安全基準を満たす
セーフティグレージグにグレードアップするアプリケーションとなります。
必要条件を満たすために、最適なフィルムとガラスの組み合わせを選びましょう。

Solar Gard Armorcoat® 4 mil

Solar Gard Armorcoat® 7 mil

Solar Gard Armorcoat® 8 mil

Solar Gard Armorcoat® 11 mil

Solar Gard Graffitigard™ 6 mil

Solar Gard Weathering

爆風衝撃波荷重に対しガラスやガラス窓システムの飛散度合を評価する試験基準です。
爆風荷重量と距離に基づいて、フィルム施工ガラスのパフォーマンスレベルが報告され
ます。ソーラーガードアーマコート飛散防止フィルムは、この爆風試験において、ガラス
破片の飛散による損傷のリスクを低減する性能があることを実証しました。必要条件を
満たすために、最適なフィルムとガラスの組み合わせを選びましょう。

Solar Gard Armorcoat® 4 mil

Solar Gard Armorcoat® 7 mil

Solar Gard Armorcoat® 8 mil

Solar Gard Armorcoat® 14 mil

Solar Gard Panorama 8 mil

燃焼試験の目的は、建物の火災の原因となるかどうかを決定します。燃焼反応に
おいて、炎が広がる速度、熱にさらされた時の燃えやすさ、熱量、煙、有毒ガス、
液滴火炎、粒子などを含んでもよい。建築材料は、熱や炎にさらされた時の材料の
性能を評価する為、しばしばこのような規格の試験を受けなければなりません。
ソーラーガードアーマコート8MIL飛散防止フィルムは、この基準の試験で、延焼を
助長することのない安全な製品であることが証明されています。(注:この燃焼試験
基準は、製品が炎に耐えられる時間を測定する耐火基準とは異なります。)

Solar Gard Armorcoat® 8 mil

Solar Gard Panorama 8 mil

スモールおよびラージミサイル衝撃試験および台風や暴風雨などの強風を
シミュレートした風圧サイクル試験では、材料の耐衝撃性能を評価します。
グレージングシステム(ガラス窓)は、厳しい天候時に、損傷や浸水を防ぐ
ように設計されています。グレージングシステムは、ガラス、フレーム、
アタッチメントシステム、シール(開口部全体がカバーされている場合)
が含まれます。ソーラーガードアーマコート8MIL飛散防止フィルムは、
標準的なアルミフレームに、ウェットグレージングアタッチメントシステム
で3/16”強化ガラスに施工し、これらの試験をテストしています。
(注:これは、フィルムおよびアタッチメントシステムがコード承認または認定
通知を持っていることを意味するものではありません。コードまたは製品認定は
グレージングシステム全体にのみ与えられるもので、ガラスそのものの性能を
高める製品に対してではありません。)

Solar Gard Armorcoat® 8 mil

ガラス窓を含む建築材料の窃盗侵入に対する防犯性能を評価します。
窃盗侵入などでは、小さなハンドツールからパワー工具までの様々
なツールで、打ち破りや焼き破りなどの様々な力にさらされます。
これらの打撃の繰り返された回数や、要する時間が性能評価の対象
になります。ソーラーガードアーマコート14MIL防犯フィルムは、
強制侵入に対し、貫通に要する時間を遅らせる特定レベルの抵抗能力
があることを実証しています。

Solar Gard Armorcoat® 14 mil

現状、地震の影響を受けた場合のグレージングシステムの性能評価を
述べる規定はありません。地震の際、ガラスのパフォーマンスを測定
したテストでは、多くの場合グレージングシステムは破損し、ガラス
の落下が確認されました。アーマコート飛散防止フィルムを施工すれば、
ガラスが割れた場合でも、ガラスの落下や飛散を抑制することが可能です。
次の報告書の72ページに、フィルムのパフォーマンスの検証結果が詳しく
述べられています。

ご不明な点はこちら